トピックス

メッセージ

メチャがくれた「あったかオレンジボール」

メチャ、とは、今は亡き愛する次女(雑種猫、毛色だけはシャムそっくり、お顔はタヌキそっくり)の名前です。

メチャったら、それはそれはもうブチャイクでブチャイクで、おつむてんてんも弱くて弱くて、運動神経といったらそれはそれはもう「お前は本当に猫なのか?」っていうくらいドンクサ~くて、(あ、悪口じゃなくて愛おしい気持ちで言ってます)、そういう意味での宇宙トップクラスでした。

そのメチャが最期にすっごいことをやってのけたんです!


もう10年以上経ちます。

メチャはもうかなり老いていました。

老いを見守るのは苦しいものです。
胸がつぶれる思い、です。

成長は日々進化、昨日できなかったことが今日は出来る、を更新し続ける。
若いエネルギーに満ち満ちて。。。

でも、老いは、まったくその逆をたどっていく。

昨日まで出来たことが今日は出来ない。
エネルギーが日に日にしぼんでいく。。。

メチャは検査してもどこも悪くありませんでした。
ただ、老いをたどっていたのです。

どこか悪いのなら、出来るだけの治療をしたいところですが、これは老いなのです。
私にできることは、メチャができなくなっていって困っていることがあればサポートすることです。

だんだん体を動かすことも困難になってきました。
でも、できる限り、自分の要求は自分でしたい、と彼女は考えていました。
そう、そのころ、私は、彼女の思いを全てわかってあげることができました。

メチャは、老いと共に威厳を増していました。

お水が飲みたい、と思っても、そこまで行くのが容易ではない。けれど、ここで寝たままお水を飲ませてもらいたいわけじゃない、自分でそこに行って飲みたいの、と思っているのが分かるので、彼女のプライドを傷つけないよう、そっと支えて、お水を飲むところまで歩いていくのをサポートして、飲む体勢を支え、飲みやすいように食器の高さと角度を支えて、可能な限り、本人的自立をサポートしました。

やがて、もう食べないと宣言しました。

それを受け入れるのは勇気が要りました。

でも、メチャは威厳をもって、気高く、無言で私に宣言するのでした。

お水はまだ飲み続けてくれました。
だから、要らないご飯は強制せず、お水飲みのサポートと、トイレに行っておしっこするお手伝いをつづけました。

そうして、ついに、もうお水も要らないと宣言しました。

うちは動物病院です。
我々夫婦は獣医師です。
中心静脈にカテーテルをいれれば、水分や電解質やビタミンや脂質の補給に留まった一般的な点滴のレベルを超えた生存に必要な高カロリー輸液の点滴ができる知識と技術と機材があります。

でも、それをしていいのか?

これは老い、なのだ。

ゆっくりゆっくり、でも確実に、最期を目指して歩んでいるのだ。

病気ではない。

必要な治療は何一つ無い。


邪魔はしないでおこうね、と、私たちは決めたはずだ。


大好きなお父さんのベッドの上で、横になったままのメチャ。
何にも要らないって言うメチャ。

もう手伝えることもなくなってしまった。

しかし、一切の手伝いを不要と宣言した後、彼女に偉大な変化が起きました。

色々と出来ることを失っていく過程では、メチャ自身一生懸命であっための険しい表情も見受けられたのですが、メチャ自身が全てを手放して、私たちもそれを受け入れたとき、メチャの表情はこの上もなく柔和になり、幸福に満ち満ちて輝き、骨と皮だけになってゴツゴツと硬く感じられていた身体が柔らかく、被毛もふわふわになり、大好きなお父さんのベッドの上で、さんさんと降り注ぐ太陽の光を浴びて、ゴロ~ンとまん丸になって、気持ちよさそうに、うれしそうに、しあわせそうに、何の苦しみもない様子でまどろんでいるのです。見ている私たちまでもが幸せな気持ちになり、思わず微笑んでいました。

そして、心底思いました。
ああ、邪魔しなくて良かった...と。

なんて幸せな気持ちなんだろう。
私たちは微笑み続け、目からは、幸福の涙があふれていきました。

そんな幸福な時が二日続いた後。。。

午後の診察のために、いつものように「メチャ、行ってくるね。」と、気持ちよさそうにしているメチャにキスをして、1階の病院に下りていきました。

診察が終わり、一足先に夫が2階に上がりました。
すぐに音を立てて駆け下りてきました。
その形相を見て、何が起きたのか察知して、私も急いで駆け上がりました。

「行ってくるね。」のキスをした時とおんなじまんまで、その時と全く変わらない姿勢と表情のまま、メチャの生命機能は停止していました。

駆け寄って、「メチャ」と声をかけた時、全く予想も期待もしていないことが起きました。
私の胸の中にあったか~いオレンジ色の大きな(バスケットボールくらいの大きさの)ボールが飛び込んできて、胸の中心からあったか~いものが広がり、満ちていき、この上もなく幸せな気持ちがあふれてきたのです。

え?

意外でした。

カムイが亡くなった時に味わった、壮絶な、想像を絶する痛みに打ちのめされる覚悟でいたのですが、いや、正確に正直に言えば、覚悟はできておらず、恐れていたのですが。。。

驚きました。

ありがとう!メチャ!

痛くない別れ(死別)もあるんだね!

幸せだったもんね!本当に本当に。。。


「メチャがくれた、あったかオレンジボール」、私はそう呼んでいます。


私は、カムイを失った後、残る3人(3匹)の子供たちとのいずれ来る別れに対して、とてつもない恐れを抱いていました。
それは、死が怖いのではなく、そう、死は約束の時でしかないとカムイが教えてくれたので、死自体をマイナスにはとらえていないのですが、怖かったのは、愛する者との死別、愛する者が実際に目で見て手で触れられて言葉を交わすことが出来る状態ではなくなってしまうこと、もうこの目で見ることもこの手で触れることもできなくなってしまうその事実が与える衝撃と痛みと空虚さ、あの壮絶で想像を絶する苦しみを、少なくともあと3回は経験しなければならないのか?という、利己的な身勝手な恐怖でした。

それを、メチャが払拭してくれました。

そうなのか、、、痛くない死別もあるんだ。

いかに、死に向かうか。

死までの過程。

どのように死を迎えるのか。

どのように過ごすか。

いかに生きるか。

こわくないんだよ、死別も... そうメチャが教えてくれました。

メチャが教えてくれたことは、病気ではない老化だけに当てはまるものではありません。

いつ、どのように、最期の別れを迎えることになろうとも、それまでの間を、いかに共に生きるか、本当に大切にするべきことは何なのか、この一瞬は2度と来ないということを肝に銘じて、共に生きる幸せの一瞬一瞬を脳裏に焼き付けて過ごす時、時間の密度が増し、輝き出すのを感じます。

実際、その後デュークとラフィーとの最期へと向かう日々は、恐れずに、いかに「今、この時」を大切に生きるか、今一緒に暮らせる幸せを満喫すること、に集中し、後悔のない、凝縮した光に満ちた日々を過ごすことが出来ました。


カムイとメチャが教えてくれたこと、きっと、多くの人を救うと信じて、これを伝えたいと思いました。

この記事を読んで下さった方で、一つ前の記事≪カムイが教えてくれたこと...「約束の時」≫をまだお読みでない方は、ぜひ、そちらもお読みください。



カムイが教えてくれたこと...「約束の時」

「ヒーリングスペース カムイ」の、「カムイ」とは、愛する亡き長女(茶トラの雑種猫)の名前です。
デューク自然療法クリニックのHPのはじめのフラッシュに登場している子です。

彼女が魂の故郷に帰っていったのは、20年近く前のことです。

当時は、まだ一般西洋医学の視点で治療に励んでいたころです。常に、最新、最先端を追い目指していました。

カムイにも、最新と最善をもって、全身全霊で治療していました。

勤務先の病院で入院治療をしていたカムイ、晴れて退院、というその日が来るのを信じて、いや正確には信じたくて、退院の時に連れて帰るための素敵なバスケットや、退院祝いのための可愛い首輪を探しまわりました。当時はネットで探して購入という時代では無かったので、休みの日に遠くまで足を運んで探しに行き、ようやく心から納得できる素敵なバスケットを見つけ、首輪は可愛すぎて一つに絞り切れず三つも買って、、、

今思うと、いや、当時も薄々感じてはいたのですが、くじけず希望をもって治療に取り組み続けられるように、と、自分を奮い立たせていたのだと思います。

しかし、生きて家に連れて帰ることはできませんでした。


カムイが死んでしまった。。。

どうして?

なぜ?


医学的な死因は答えにはなりません。


どうして? なぜ? なぜ今死ななきゃいけないの? 

どうすれば良かったの?


なぜ? なぜ? なぜ?


何か月も何か月も、ずっとずっと、自問自答を繰り返していました。

どの時点で、何をどうしていれば、この死はさけられたのだろうか?と時間を遡って、どんどん遡って、ずっとずっと、考え続けていました。(治療法の選択という意味ではありません。)


そして、半年以上は経った、ある日。


いつものように、夜遅く仕事から帰り、二人の子供(バーニーズマウンテンドックのデュークとシベリアンハスキーのラフィー)の散歩に出かけました。
今でも鮮明に覚えていますが、月明かり、という言葉が自然に浮かんでくる、とっても月が明るくきれいな夜でした。夜更けの静かな住宅街を、デュークとラフィーとともに、月明かりに照らされて歩いていました。散歩しながらも頭の中は、記憶を遡らせ、「あの時こうすれば良かったのか?あの時ああすれば良かったのか?」と考え続けていました。
そしてどんどん時間を遡って検証していくうちに、そもそもの事の発端になったのは、、、
入院治療が必要な事態になったのは、、、

、、、いつもと違うところに椅子を置いていたためだった、、、というところに行き当たったのでした。

これを読んでいるだけでは経緯詳細が不明で、なんだかサッパリわからない、と思われるかもしれませんが、大事なのは経緯詳細ではなく、この、「いつもと違うところに椅子を置いていただけ」ということが事の発端になっていた、ということに気付いて、このことに気付いたその時、「それは、もう予想もできなかったし、回避は不可能だった」と悟ったことなのです。
「これは回避不可能なことだったんだ。。。」
その時、天から何かが落ちてきて、頭を突き抜け、胸にストンと、まるで失くしていたパズルのピースがピタリとはまるように、「約束の時が来たんだ。」と理解したのでした。
カムイは、天からこの世にやってくる時に、再び戻っていくまでの時間を天に約束してきていて、「その約束の時が来ていたんだ。しかも、その約束の時は実はもうかなり過ぎていて、延長に延長を重ねて、私の傍にいてくれたんだね。でももう帰らなければいけなかったんだね。この世から天に戻るには、死という手段をとるしかないんだもんね。。。ありがとう、こんなに長く、一緒にいてくれて。ありがとう、ずっと愛してくれて。。。」

カムイは、自らの死を通して、全ての死における普遍的答えを教えてくれました。

私は、獣医師という仕事柄、実に沢山の死にも立ち会います。
その中には、誰から見ても幸せな大往生と思える死もありますが、あまりに理不尽と思うような死もたくさんあります。なぜ?どうしてこの子がこんなに早く死ななきゃいけないの?飼い主さんも良い人で落ち度もなく何も悪くなく、この子も何にも悪くないのに、なぜそういう運命なの?納得いかない!と思う時もいっぱいありました。
その答えも、カムイがくれました。
ただ、約束の時が来ただけなのだ、と。
どんなに短くても、それは、元々天に帰る約束をしてきた時間なのだ、と。
そして、天に帰るための、通り道として死があり、死ぬための現象が必要で、そのために起きた事象なのだ、と。
我々は、その約束の時を前もって知ることを許されてはいないので、「普通なら」と想定する時間よりも短い一生だったりすると、そしてそれが短ければ短いほど、理不尽に思え、不幸に思えたり、何か非があったのではないかと自分を責めたりするけれど、実はその時間は、すでにこの世にやってくる前に天と約束してきた時間で、どちらかというとどんなに短く思えても、大抵の場合約束の時間を延長してできる限り長く一緒にいてくれていたのです。
ということが、純粋に、自然に、確信として私の中に芽生えたのでした。

そして、その約束の時間の間をどこでどう生きるかは、最も楽しんで生きられるところだったり、あるいは最も救おうと思うところだったり、あるいは何かを教えようとしてだったり、その魂の目的と力を携えて、選んだところにきてくれている、ということも同時に確信しました。

このことを伝えたい。。。

機会あって、直接お伝えできた方々もいらっしゃいます。

きっと、もっと、この普遍の真理を知ることで救われる人はいっぱいいるだろうと思います。

「約束の時」の理解が誰かを救えるかもしれません。

その時は、どうぞ、この真理を優しく伝えてあげてください。


ナッツ君が教えてくれたこと

3.11・・・・あの日多くの命が亡くなりました。
そのひとりに、ミニチュアダックスの男の子、ナッツ君(当時12歳目前)がいました。
ナッツ君のお母さんからお聞きしたこと、頂いたお手紙やメモから、お役に立てるべく、形にしました。ナッツ君のお母さんから託されてから、かなりの日数をへてしまったのは、私なりの思いを込めつつも、正確に、かつ、十分にお伝えしようとすると、なかなかうまくまとめられなかったためです。何とか今日、2013年3月11日、ここにUPすることがきました。
全ての魂が、どうぞ光に導かれますように。。。


Suzuki Nattu.jpg
2011年3月11日の岩手。
いつものように、ナッツ君は大好きなぬいぐるみとお留守番、お母さんは職場の動物病院へと出勤しました。
それが最後になるとは、誰も予想などできませんでした。

そして、大地震、大津波が起きました。

津波はナッツ君のおうちを呑み込み、そのあとには、住宅の基礎コンクリート部分が残るだけで、その他一切が消えてしまいました。建物も、ナッツ君も、手がかりすら、何も無く、、、

全てを失った衝撃と悲しみは、想像を絶するものだと推察しますが、お母さんは気丈に、助かった子達のお世話を続けます。(お母さんは、動物病院の看護師さんです。)

何カ月かの後、お母さんは岩手を離れることになりました。

その後、当時の病院スタッフ同士の絆から、その年の11月に石川県金沢市で開催されたローレン・マッコール先生の講演と個人セッションを受ける縁にいたりました。

その時の、ローレン・マッコール先生によるアニマルコミュニケーションを通して、ナッツ君はとても興味深いことをお話ししてくれました。

お母さんはまずナッツ君に謝りました。
「ナッツひとりで恐く苦しい思いをさせてごめんね。」

ナッツ君:「あやまらないで。誰も悪くない。」

お母さん:「お母さんはもちろん、みんなも、ナッツと別れてとても寂しいよ。」

ナッツ君:「ボクも寂しいよ。突然終わって残念!!
       とてつもない事が突然おきて、アッという間もなく、という出来事だから、しかたがない。
       でも、大地に裏切られた怒りを感じるよ。」

ナッツ君は、お散歩やお外に出るのが嫌いな子でした。そのナッツ君が、なぜか震災の前日は、外に居たがり、家に入ってからも、外に出よう出よう、としていたのを、その時は不思議に思っていたけれど、翌日震災の津波で家ごと流されてしまったあとになると、あの行動は、地震や津波がくることが分かっていて、「外に出よう。逃げよう。」と教えてくれていたんじゃないかと思い、聞きました。

ナッツ君:「何かとんでもないことが起こり、自分達の命が失われることは、3日前から分かっていたよ。
       外に出る行動をとったのは、他の仲間にその事をテレパシーで送っていたからさ。」

お母さん:「お母さんはとてもナッツが大好きだし愛していたよ。いつも一人でいることが多くてごめん
       ね。ナッツの好きなものと嫌いな物を教えて。」

ナッツ君:「ボクもお母さんが大好きだよ。一番うれしいのは、仕事から帰ったお母さんを出迎える瞬間
       さ。
       嫌いなことは、風と病院!!(この嫌いなことは、生前十分にお母さんは認識していました。
       お母さんくらいしか知り得ないことだったのですが、実際風が大嫌いで、少しでも歩くのを嫌
       がり、すぐ抱っこ!だったそうです。)

お母さん:「ナッツは散歩や他の犬ちゃんが苦手だったよね。」

ナッツ君:「ボクは、他の犬(仲間)が考えていることが、ダイレクトに伝わってきてしまうので、いろんな
       思いを感じすぎて具合が悪くなるので、散歩や他の犬も苦手だった。」

この答えを聞いて、お母さんは、散歩や他の犬との交流を無理強いしなくて良かった、これはナッツの個性なのだ、と理解することにしたのは正解だったと、心底思われたことを、私に話してくださいました。
散歩や他の犬が苦手なのを、訓練やトレーニングで修正すべきなのか悩んだ日々があったそうです。
しかし、そういう視点は、まさしく人間からの価値観の押しつけでしかないことも有り得ることを、ナッツ君は教えてくれました。

さて、今はどうしているのかと思い、
「そちらの世界では他の犬ちゃんと仲良しでいるの?ロビーやラッキーに会ったの?」

すると、
「それどころじゃない、忙しいんだ」という答えが返ってきました。

ナッツ君の説明によると、震災で亡くなった多くの魂が故郷(動物達は魂の帰るところをこう呼びます)に帰れないで迷っているらしく、その迷っている魂たちをひとつにまとめて、故郷に導く作業を、ナッツ君はしているのだそうです。

ナッツ君いわく、
「パトロール隊ってところかな!!
お母さんも動物病院で病気の子の世話をしていたから、ボクもお母さんも、お互いそれぞれの世界で同じことをしていたって感じかなあ」

お母さん:「ナッツを愛してくれた皆に伝えたいことは何?」

ナッツ君:「ボクを愛してくれたみんなとお別れして、ボクもとても寂しいよ。
       でも、地球も生き物だから、異常なことが正常に戻ろうとする時は、この様に大きな変化を起
       こすんだ。
       だからといって、恐れないで自然に身をまかせていればいいのさ。
       本当に大切なのは愛。
       愛は壮大。
       このことを伝えてほしいな。」


ナッツ君、ありがとう!!!


       



「しつけ」撲滅運動の提唱

 動物たちに使われている「しつけ」という言葉に対して、日々感じていた違和感・不快感から気づき、到達した思いです。
 「しつけ」撲滅運動、起こしたいものです。
 「しつけ」という言葉を使うのをやめるだけでも、動物たちへの、また子供たちへの、誤った接し方が正されると思われます。
 動物も子供も、何も教えず野放しにしろと言っているのではありません。
 動物たちと人間が一緒に暮らしていくために、お互いが快適に、お互いを尊重して暮らしていけるように、また彼らの安全を確保するために、どういう約束事が必要かを考え、伝え、理解してもらう必要はあります。子供たちにも対しても同じでしょう。でも、それには「しつけ」という表現は適切ではないと考えます。
 「しつけ」という言葉、そこからどんな感じを受けますか?
 「しつけ」という言葉の背景には、しつける側としつけられる側、があります。そして「しつけ」という言葉を使う時、その2者の間には無意識のうちに支配関係の視点が入り込んでいます。無意識に、自分が教えようとしていることに権威性と正当性を確信し、これを一方的に押し付け従わせる、これが問題なのです。
 そこには、相手を一個の魂が宿る、その子その子の個性を持ったユニークな存在として、尊重し個性や長所を伸ばす手伝いをしようとする心の動きがありますか?
 動物たちにも、子供たちにも、彼らの持って生まれた個性が最大限生かされた成長をしてもらいたい、そして、その結果は、自分を認め、相手を認め、愛と尊重に満ちた暮らし、そういう世の中になってほしいと切に願うものです。
 「しつけ」という言葉が生む潜在的な支配欲と暴力の快楽をなくすためにも、まずは、「しつけ」という言葉をつかわないようにしてみることを提唱します。その代わりになる言葉を考えた時、きっと何かに気がつきます。


原発君との対話

原発君たちとの対話のご報告です。
 初めて、福島第一原発の中の燃料たちにお話しすることができた6月上旬、彼らは、静かに聞いてくれました。
 私が何より伝えたかったのは、人類の罪の謝罪です。
 人間の手で、モンスター化させられた原子力燃料たち。彼らは、人間がこんなことさえしなければ、敵でもなく、脅威でもなく、同じ地球上の一員として、ただただ共に生きていたのです。それを、無理やり引っ張り出してきて、監禁して、あり得ない分裂という非道で非情なことを強制したのです。身を引きちぎらせてエネルギーを取り出そう、ということをしてきたのです。全くユニティーに反する行為です。核燃料と呼ばれている彼らに対して犯したこの罪を、人類の一員として謝罪するしかありません。許してもらえることではないかもしれません。許してもらえないとしても、謝罪しないではいられません。本当にひどいことをしてきたと思うと涙が止まりませんでした。
 そして、今まで、賛否両論野次罵声の中、ひたすら死ぬ思いで働いてきてくれたことに、感謝と慰労の思いを伝えました。そして、もう十分だから、もういいんだよ、もう止めていいんだよ、ありがとう、ということを伝えました。彼らはその時点では、もう自分たちが何者で何をしているか分からなくなっているような感じでした。あまりにも過酷な残酷なことを強いられてきた結果でしょう。分裂という、愛の正反対のことばかりやらされてきたのです。彼らに再び愛を取り戻してもらうため、私は毎日お話をしようと、そのとき思いました。I Love You.も伝えねば。
 さらには、空気中、海水中に拡散された放射性物質と呼ばれるものたちにも、お話したいと思いました。愛と敬意と謝罪の気持ちで。そう、謝罪がカギです。反省無き祈りはエゴだと多くの人に気づいてもらいたい。真の平和のために。。。

 その後、話し出してくれた頃は、苦しい、窒息しそうだ、と言っていましたが、やがて彼らに怒りや嘆きは無くなり、奇跡を受け入れる(というよりも、手伝う、という感じのほうが近いかもしれません)という準備ができました。しかし、奇跡が起きて、沈静化しても、人間がこのことから学んでいなければ、意味が無いだろう?とも言っています。「ああ、無事に済んだ」で終わらせては、何も改善しないと。人間たち自身が反省して、人間たちが変わることで、その結果の力で奇跡を起こせ、そう言いたいと解釈しました。
 彼らと一緒に原発のど真ん中にいると、周りを取り囲む人間の念のとぐろのようなものを感じます。憎悪、絶望、強欲、執着、欺瞞、そして意外だったのが無関心。無関心もネガティブ波動としてそこに届くのですね。改めて、無関心の罪を思いました。それから、気付かせてくれたのが、原発で働いていた人たちの中には、愛や誠実の波動もあったこと。それと、世界中の原発君達と繋がっているのも感じます。繋がっていると言うより、思い合ってるという感じ、です。かなり波動高いです、彼ら。いろんな子(動物、植物、物質)と話していると、なんだか、人間が一番波動低い気がしてきます。おごりのせいで、波動を低めているように思います。ひとりひとりが、自分の罪(知ろうとしなかった罪、反省を拒否している罪、もあります)に気づいて、反省して、許して、変わり、変えていきましょう。そういう時が来た、ただそれだけなのかもしれない、と思えます。